このショップは、店舗・法人様向けのサイトです。
※国内流通用のBtoBサイトです。

一般の方もご購入できますが、店舗・法人向けを前提として運用しておりますのでご了承ください。
BtoB価格は、店舗・法人会員の承認後にご確認できます。(※通常表示は、一般の方の価格です)
 

トップ > テレビゲーム・PC > Nintendo Switch > Switch HARVESTELLA(ハーヴェステラ)

Switch HARVESTELLA(ハーヴェステラ)

■発売日:2022/11/04
■メーカー:スクウェア・エニックス
■型番:HAC-P-A727A
※画像はイメージです。仕様、外観、パッケージなど、予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
【送料ランク】4
商品コード : 4988601011426
製造元 : スクウェア・エニックス
希望小売価格 : 6,982
価格 : 6,571円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
『ハーヴェステラ』は四季を彩るファンタジー世界を舞台に、生活、交流、冒険が楽しめる生活シミュレーションRPGです。

【生活】
自宅で料理やクラフト&畑で農作物を育てて収穫&家畜を飼育&釣りなどのスローライフが楽しめます。
畑で一風変わった野菜を育てたり、ペットを育てながら村のはずれで、春夏秋冬を過ごすことになります。

■農作業
畑では季節に応じた野菜、穀物、果物を育てられます。
収穫したものは出荷してお金にしたり、料理の材料にすることもできます。

■料理&クラフト
料理やクラフトをして冒険の準備をしておくことは、必要不可欠です。
料理を食べればHPやスタミナ回復の効果があり、種類によっては一時的なステータス上昇効果があります。

■死季
季節の変わり目に必ず訪れる「死季」。
作物は枯れ、死の塵によって人々は外を歩くことも許されません。

【交流】
一年中桜が舞い散る街、酒場が賑わう町、四季の彩りが美しい村、雪が覆われた都では 様々な住人があなたとの出会いを待っています。
世界の街や村で生活している人々たち。彼らの、それぞれの物語にも触れてみましょう。

■キャラクターストーリー
旅の先で出会うキャラクターたちは、置かれた環境での問題に直面したり、大事な使命を背負ってしまうなど、幾つもの悩みを抱えて生きています。
「人生の分岐点」に立ち合い触れ合うことで、彼らと真の絆を育むことができます。

■クエスト
世界各地で困っている人がいるならば是非手助けしてあげましょう。
喜怒哀楽の物語がそこに在ります。

【冒険】
行く手を阻む多種多様なモンスタ―。
ジョブやスキルを駆使して、パーティーと共にダンジョンを踏破しましょう。
進むべき道は、必ずしも安全とは言えません。ジョブやスキルとうまく使って進みましょう。

■フィールド
この世界には四季を彩る様々な街やダンジョンがあります。
ダンジョンでは、あなたの行く手を阻むべく敵が待ち受けています。
突然変異した強敵が襲ってくることもあるので注意しましょう。

■バトル
ジョブを即座に切り替えて戦況を打破していきましょう。
敵の弱点をうまくつけば大ダメージを与えられます。

■ジョブ
ジョブには固有の武器と特徴的なスキルがあり、物理、魔法など攻撃スタイルが異なります。

『ファイター』
素早い剣技を放つ物理アタッカー。
単体・範囲攻撃のスキルにより、複数の敵を相手にすることができます。
『シャドウ・ウォーカー』
双剣で致命傷を与える物理アタッカー。
自己強化も可能で高火力なスキルにより大ダメージを与えます。
『メイジ』
遠距離魔法攻撃を得意とするジョブ。
複数の属性を扱うため、敵の弱点をうまく狙えると大ダメージに。

●時間経過
一日には朝?真夜中までの時間経過があり、生活・交流・冒険など何をするのも自由です。
季節も春→夏→秋→冬と30日毎に移り変わり、季節ごとに育てられる作物も異なります。

△▼ストーリー▼△
物語の舞台は、「シーズライト」と呼ばれる
巨大な四つの結晶体が存在する惑星。
「シーズライト」は四季をつかさどり、
生きとし生けるもの全てが、その恩恵を授かっていた。

しかし、いつしかシーズライトに異変が生じ、
季節の変わり目に「死季」が発生するようになる。

死の季節――「死季」。
シーズライトは異常に発光し、
大気を舞う光の塵が、あらゆる生命を脅かす。
作物は枯れ、人々は外を歩くことすらできない。

ある死季の日に、辺境の村で行き倒れていた旅人の主人公。
主人公と、とある少女との出会いが、冒険の始まりを告げる。

……少女は言う。
「たぶん、私は……この時代の未来からやってきたのだと思う。」

死季の謎を究明しようとする少女――アリアとともに、
主人公は、この世界の真実に迫る旅路へと、歩みだすのだった。

ページトップへ